homep

冬用タイヤとホイール

 今シーズンは必要に迫られておらず購入はしないのですが、いろいろ調べたのでまとめてみました。

 M135iはFRのため雪道に弱いです。ただ通勤にクルマを使ってないし、鎌倉だとそうそう雪は降らない。道も凍結しない。冬用タイヤは、たまの遠出のお守りのようなもの。冬用タイヤの必要性は低く、できるだけ安く抑えたい。また、大部分は非積雪路で使うので、そこでのハンドリングを重視したいと考えています。そのポリシーのもと、検討しました。


 このような用途に合うタイヤは、PIRELLIのICE ASYMMETRICOMichelinのX ICE3。ちなみにX ICE3の前身であるX ICEは、Alfa 147で使っていました。ただ、安く抑えるというポリシーにフィットするのはPIRELLI。中国製で安いですがそんな悪くはないらしい。 サイズに関して、純正タイヤをみると、直径は630mm前後。タイヤ幅は、225か205あたり。
 また、価格を安くするためには、18インチではなく17インチにしたい。ただし、17インチでM135iにはまるホイールは限られている。ブレーキキャリパーに干渉してしまうから。調べた中でM135iに使えそうなホイールはAGA BayernMAK LUFT, LUFT FFです。具体的にはAGA Bayernでは、17x7.5 インセット37を使っている人がいる。MAK LUFTでは、17x7.5 インセット43の対応車種欄にM135iの記載がある。インセット43で大丈夫というなら、37は大丈夫ですが、実際フェンダーからはどれくらい引っ込むんだろう?ということで、調べてみました。

■ まず、純正でのフェンダーからの引っ込み具合を測定すると、フロントが19.5mm、リヤが19mmでした。じつは結構引っ込んでいるんですね。スペーサを入れたくなるサイズかも。
フロント リヤ

■ これをベースに、どのホイールが適切か計算しました。





 キャンバー角の情報は、1Addictsから入手しました。で、太字で示したMAK LUFT FFのインセット43mmは、M135i対応をうたっているものです。確かに、M135i純正に近いジオメトリです。ホイールを取り付けるためには、クルマに干渉しないことと、ボディからはみ出さないことのふたつを満たす必要があります(PCDなど取り合いのほかに)。干渉に関しては、MAK LUFTではインセットが43mmより小さければいい。「はみ出さない」のルールは中部が拠点のタイヤショップ、Craftのページに詳しく書いてありました。前方30°と後方50°は測ってないので分かりませんが、目安として車軸中心高さでの引っ込み量を見ることにしました。

 面一(ツライチ)を目指すなら、MAK LUFTのインセット32。バイエルンの8J(インセット30)だとはみ出しちゃいますね。で、選ぶとしたらMAK LUFT FFの37。32にしてフェンダーに当たってしまうのもいやだから。インセット37はF30用のサイズだから入手性もよい。ちなみにLUFTとLUFT FFとも、M135i純正ホイールに似た意匠で、違いは、FFの方には化粧のための切削面があることです。

■ 結論
 冬用タイヤは、PIRELLIのICE ASYMMETRICO 225/45R17、ホイールはMAK LUFT FF 17x7.5 (37)にしようと思います。ただし、繰り返しますが取り付けたわけではないので、M135iにはまるかどうかは分かりません。今現在の価格をネットで調べると、タイヤは1.2万円前後、ホイールは2.5万円強。取り付け工賃を含むとざっくり16万円程度になるようです。


homep