homep

改造

 あまり乗ることもないまま、どんどん改造しています。こういうのを盆栽バイクというらしいですね。ですが、やりたいことは大体出来てきました。これからは、道具としてオモチャとして楽しんでいこうと思います。

No. 事 象 詳細
1 リヤキャリヤ 3.31.09
バイク購入時に同時に頼んでいたホンダ純正のリヤキャリア(キジマ製)を取り付けました。

純正品だから余裕だと思っていましたが、これが予想以上の難物でした。

まず、キャリヤを取付位置まで持っていけない。最終的には、ウィンカーを片方外せば取り付けられることが分かりました。 取説では、リヤフェンダーを外せとこともなげに書いてありますが、TypeDは、バッテリやら排ガス浄化関係の配管があり、リヤフェンダーを取り外すのが大変な作業です。そこで、ブレーキランプを外したり、ウィンカーを外したり悪戦苦闘。知恵の輪的に姿勢を工夫することで、取付位置まで持っていくことが出来ました。

次に、リヤフェンダー部分への固定金具(後で追加になった金具かもしれません)。左右シート取付穴近傍の2箇所の他に、リアパイプに固定する金具があります。これの高さが不適切です。プライヤを使って強引に曲げました。すると、溶接部分の塗装が剥がれてきました。仕方がないので、ここは黒色のタッチアップペイントを塗りました。

最後に、リヤフェンダー部分への固定金具の取付ねじ。これが若干長く、ねじ先端が樹脂製のリヤフェンダーを削ります。M6x8のキャップねじを別途購入し、リヤフェンダーにもプロテクトのテープを貼り、対応しました。

というわけで、ロングセラーの製品だとは思うのですが、TypeDへの取付に関しては小慣れていない印象です。
2 セキュリティ 4.10.09
バイク購入時に同時に頼んでいたホンダ純正のセキュリティキットを取り付けました。セキュリティキットとLEDを購入し、取付金具は購入しませんでした。
考えてみたら、バッテリを載せるようになったから、セキュリティキットも付けられるのですね。

詳細は書けませんが、取付は簡単でした。
3 インシュレータ取り外し 5.5.09

吸気抵抗を減らす為、とりあえず外しました。全くのノーマルなので、他の部分の抵抗で律速しているかもしれませんが、気分です。そして、何よりもお金がかからない。

相当する厚さのシムは買いませんでした。その代わり、コネクティングチューブ部分のバンドで長さ調整。
4 フロントフェンダーの位置変更 8.20.09
 巷で言われているとおり、標準のフロントフェンダーは雨の日に役に立ちません。そこで、ダウンフェンダーステーを取り付けることにしました。

 しかし、Type D対応を謳っているステーは現在の所、発売されていません。で、その理由は何かというと、ディスクブレーキ化に伴いアウターチューブ径がφ50→φ48になったことのようです。ただ、Type Dの足回りってXR100モタードみたいな物だから、モタード用のパーツがあれば付くはずです。と言うわけで、探したところ、Gクラフト製の「ダウンフェンダーステー タイプ3 品番[31212]」が使えそうなことが分かりました。

 この品物のスペックを拾い読むと、アウターチューブ径がφ48, ピッチが172mm, フェンダー取付ピッチが98mm(エイプノーマルフェンダー用)と書いてあります。ノギスでざっと測ったところ、スペックは見事に合致。注文しました。


 実際取り付けてみると、目論見通り、ダウンフェンダーステーの取付は全然問題なし。ただ、フェンダーの取付で若干問題が発生しました。具体的には、次の通り。
  • アウターチューブにある、耳状のボスが干渉 (ここに取り付けられている、スピードメーターケーブルのガイドはもっとジャマ)
  • それ以外の場所でも、アウターチューブとフェンダーが干渉
結局、スードメーターケーブルのガイドを取り外して、無理矢理押し込んで、フェンダーの取付は終了です。いずれ気が向いたら、ガイドを取付け直すかも。

この作業をして、気付いたのですが、ただフェンダーを下げるなら、ダウンフェンダーステーを購入する必要はありません。フェンダーに穴を開けて、前出の耳にねじ止めすればよいのです。そもそもがフェンダー取付用のボスな訳だし。M6のネジ代だけで済みます。エイプ用ではなくとも、他のバイク(たぶんNS-1ならOK)のフェンダーを買ってくればもっと簡単かも。
5 スピードメータケーブルのガイド部分加工 9.6.09
 スピードメーターケーブルのガイドが無いことが気になり、ガイドを取り付けることにしました。右側ダウンチューブにはブレーキホースのガイドが取り付けられており、それをマネして、左側のダウンチューブのボスを削り取りました。
 小型のリューターに切断砥石を付けて、ちまちま削りましたが、アルミ製で柔らかいので、弓ノコや、棒ヤスリでも何とかなるかも。
(左の写真は、この加工後の物です)
6 タコメータ、スピードメータの取付 9.23.09

 SPタケガワのミディアムDNタコメータスクエアLCDパワーテストスピードメータを取り付けました。

 外付け感を出したくなかったので、タコメータは純正スピードメータと交換、新スピードメータはハンドルクランプ上に取付けました。

●タコメータ
  純正スピードメータはSPタケガワが呼ぶところの「Dタイプメーター」です。断面が"D"の様に一部面取りがされています。ミディアムDNタコメータを取り付けるため、"D"部分のクッションとヘッドライト筐体内の樹脂の出っ張りを切り取りました。

 油温センサーは、ドレンボルトに取り付けました。そのため、温度センサブラケット付きのドレンボルトに交換しました。

●スピードメータ
 オプション品(09-01-1024・1,200円)のステーを買えば簡単なのですが、アルミ板が余っていたので、ハンドルクランプに共締めするステーを自作しました。

 同様にスピードセンサもステーを自作しました。スピードパルスセンサは大きくて、ヘッドライト筐体内に収まりませんでした。現在は、センサが小型化しているので入るかもしれません。
7 ハンドルの切りつめ

 エイプは幅広のハンドルが装着されています。オフ車っぽい雰囲気を出すためですが、すり抜けの時不便ですし、ダウンフェンダーを取り付けるとオンロード車っぽい雰囲気となります。

 そこで、純正ハンドルを借り物のパイプカッターで短く切断しました。ハンドルを買い直すより、全然安上がりです。片側40mm位でしょうか。ギリギリ直線部分にスイッチ類が取り付けられる長さです。

 クラッチレバー側は回り止めのピンが立っています。そこは穴あけが必要です。

 グリップをハンドルパイプから剥がすのが、意外と面倒な作業です。グリップ内にパーツクリーナーをスプレーし、ねじると簡単に取り外すことができます。

8 キャブレターの交換3.29.14  SPタケガワのPD22キャブレターキット(03-05-0105・エアフィルター無し)に交換。セッティングはいろいろ試しましたが、取り説の通りで大丈夫でした。なお、XRモタード用のエアインテイク(17240-KB7-000・1,420円)にも併せて交換しました。
 純正の二次空気供給装置は除去し、排気管への接続を閉じるため、ホースを折り曲げてインシュロック止めしました。それでも若干排気ガスが漏れてしまうので、コーキング剤を流し込みました。かなり強引な事をしてます。
9 CDIの交換3.29.14 デイトナのパワーアドバンスデジタルCDI(74696)に交換。セッティングは一番大人しい「ストリート1」マップで、リミッターも11,000rpm作動と安全サイドにしています。
10 ナンバープレートの交換2.20.15
鎌倉市オリジナルナンバープレートに交換しました。絵柄は、鎌倉高校前の景色です。ピンクナンバーなので夕焼けっぽいかな。1回に限り、無料で交換出来るとのことなので換えてみました。
11 マフラーの交換6.6.15
ヨシムラの機械曲チタンサイクロン・チタンカバー(No.110-406-8281)に交換。
純正に比べると、ずいぶんとうるさくなりました。出かけるときはご近所に気を遣います。
ですが、全域で力強くなり、高回転での伸びも良くなりました。きちんと馬力測定をしたくなりますね。
CDIのマップやリミッターを変更するのも良いかもしれません。

homep